詩誌『フラジャイル』公式ブログ

旭川市で戦後72年続く詩誌『青芽』の後継誌。2017年12月に創刊。

■詩の朗読会「一穂への遥かなる最弱音(ピアニッシモ)」
 開催日時 2018年11月4日(日)13:30~15:30 
 会場 北海道立文学館講堂  協力 北海道詩人協会
*

■11月4日(日)、早朝より木暮純さんと二人で旭川を出発し、10時ごろ北海道立文学館に着。早めに着いて準備をさせて戴きました。学芸員の吉成さん、寺地さん、大変お世話になりました。本当にありがとうございます。会場設営、楽器や動画の映写など、準備をさせて戴きました。
 髙橋純先生の動画を使った朗読、そして瀬戸正昭さんのシューベルトピアノ曲を使った朗読のリハーサルも…
*

■13時前から次々と御来客、60名定員のはずが、なんと80名以上の満席、長屋のり子さんの司会で、道内の詩人たちがお気に入りの吉田一穂の詩とその詩にちなんだ自作の詩を朗読します。
 最初に画家・詩人の大島龍さんの「前夜」、この詩に関する興味深い神話的講義。加藤多一さんは「母」のはずが…「白鳥」を朗読。茂吉の母も。フラジャイル同人の木暮純さんは「薔薇」と自作詩「それがそのまま それである幸せ」「孤独の切岸」を披露! 一穂と対極…と言いながらも、何故か合う? 言葉の平易さと、それが奏でる硬質さとの何とも言えない距離の旋律が聴こえ、感じられたから…
*

「それがそのまま それである幸せ」 木暮純
 

苦しみのない世界
苦しみのない自分
忘れたいことも、すっかり忘れて
うきうきして歩く自分
歩く道は道のままに
空の雲は雲のままに
それがそのまま それである幸せ

ほかの意味とか比喩は持たない
それが指し示すものをではなく
それそのものを見る
自分は自分
あなたはあなた
雲は雲
薔薇は薔薇

悪口ではなく、
わたしの歌を歌ってくれている
わたしも、それにつられて
笑って歌う
歌は歌
歌は薔薇を意味しない
それがそのまま それである幸せ

真実を少し織り交ぜた嘘とか
人によって使い分ける
大人の振る舞いとか

でもそれは
自分の利益を追求するだけの欲望
あの透き通った空の雲を
雨雲にするだけのこと

雨雲は雨雲
薔薇は薔薇

暗喩とか仄めかしとか
メタフィジックの無い世界

わたしはわたし
あなたはあなた
道は道
雲は雲
歌は歌
薔薇は薔薇
それはほかのものを意味しない

苦しみのない世界
苦しみのない自分
薔薇の美しさがあるのではなく
美しい薔薇がそこにある

それがそのまま それである幸せ

それがそのまま それである

幸せ
*

■次の木田澄子さんは「トラピスト修道院」と、この日JRの中で書かれた即興的自作詩。創作現場を見ているようでした。卓越した詩人の朗読は続き、桜井良子さんの「暦」、着物姿に見惚れてしまった佐藤裕子さん「岩の上」、その後、柴田が吉田一穂の時代の「都市素描」を、現代の音楽Squarepusher - 'Dark Steering' taken from 'Ufabulum' を用いて、現代の都市と重ねる試みを行いました、次の動画です。
↓↓

youtu.be


「都市素描」吉田一穂 「粉」柴田望 ■詩の朗読会「一穂への遥かなる最弱音(ピアニッシモ)」20181104 
*

「 粉 」 柴田望
*

過大広告の紙片は舞う
窓ごしリングで殴りあい 
勝ったほうのぶんかに染められていく
オカシイだろう、地球のほうが回ってるだなんて
法律で許されないはずだ
あんなに見事に空中に織りこまれて
電柱ひとつに数百本ものケーブル 
短い音符のクラクション散らす
あんなに短い音符で
一秒に何兆回も会話している
信号待ちの表面張力
巣にたかるバイク積もらす
六車線もの日本車の隙間を

( 街
  白金の幾何学

  高層建築の光の祝祭
  あゝ鮮麗な空間の形 )

ソフトクリーム液化し検索を枯らす
副音声かき混ぜ国境は無いのに
水着なのは白人と日本人だけ
腕まくり焼印のあたりから黄昏 皮膚は育つ
故郷の戦史を遡り
ふりがなのごとくナイフ緩ませ 
アルファベットのお土産を売る若者を背に
仲間たちはフキダシくり抜かれて
夜の街へ溶けていった

( 不眠の華に晝く屋根裏の月 )
( 有機解體の頽廃期へ分裂し下降していく )

※()内は吉田一穂の作品「都市素描」(詩集『海の聖母』)より
*

■絵本がプロジェクター映写された一穂の童話「ひばりはそらに」を菅原みえ子さん。その後瀬戸さんが『饗宴』に収められた「室蘭街道1」を読み、シューベルトのCDをBGMに「たましづめのうた」。いよいよ髙橋純先生の御登場です。フランス語訳の「母」を朗読されます。事前打ち合わせ通り、係の方に照明を落として戴き、動画を再生!
↓↓

youtu.be

◆「一穂への遙かなる最弱音(ピアニッシモ)」 20181104作曲:柴田望 
*

■前半は吉田一穂の写真・画像ドキュメンタリー風に…各詩作品の句読点は「真ん中に」表示。この動画の3:28くらいから、髙橋純先生が翻訳されたフランス語の字幕が大きく映し出されます。フォントも御指定戴き、とても素敵な仕上がり。その字幕と同時に、翻訳者御本人の朗読を拝聴させて戴けました贅沢なひととき。本当は最後の「ピアニッシモ」の単語でエコーがかかればよかったのですが。しかし、髙橋純先生の翻訳された字幕と声が客席に伝わり、反応が、素晴らしかったです!!嬉しく。ありがとうございました。
*

■嵩文彦さんの「空中楼閣」、自作詩にも引き込まれ、次は長屋のり子さんの「海の思想」随想からの抜粋。このお二人と渡辺宗子さんの「道産子」ではピアノを弾かせて戴きました。本庄英雄さんの「火の記号」とても知的な朗読。村田譲さんは「VENDANGE」食べ物も飲み物も無くても高らかに笑う、詩の想起の力を思い知らされ、「本日のヘクトパスカル」ダンスも好評! 観衆の心をわしづかみに! 最後に、渡会やよひさんが「少年」を朗読。この「少年」は吉岡実氏や吉増剛造先生も傑作に挙げられている一篇。渡会さんの自作詩、亡くなった「よねじ」のことをうたった作品が、この日の朗読会の中では自分には一番鮮明に浮かび上がり、すっと脳裏に入ってきて、忘れがたい寒さと温かさを残しています。
*

■石井眞弓さんの素晴らしい書が紹介され、石井さんも「母」を朗読!最後に、「白鳥」を参加者全員のだけでなく皆さん、会場に来られたお客様全員で朗読。詩人一人ひとりが担当連を読んだ後、会場の皆様と朗読。最後に、全員で第一連を。大演壇の朗読会。素晴らしい経験をさせて戴きました。コーディネーター&司会の長屋のり子さん、本当にお疲れ様でした。貴重な機会を戴きました。皆様、本当にありがとうございました。
*

f:id:loureeds:20181115075729j:plain

f:id:loureeds:20181115075754j:plain

f:id:loureeds:20181115080102j:plain

f:id:loureeds:20181115075744j:plain

f:id:loureeds:20181115075819j:plain

f:id:loureeds:20181115075838j:plain

f:id:loureeds:20181115080050j:plain

f:id:loureeds:20181115075900j:plain

f:id:loureeds:20181115075909j:plain

f:id:loureeds:20181115075916j:plain

北海道詩人協会「北の詩祭2018~小熊秀雄・北の詩人たちよ しゃべり捲れ」2018年11月10日(土)

■11月10日(土)、北海道詩人協会の「北の詩祭2018~小熊秀雄・北の詩人たちよ しゃべり捲れ」が、札幌エルプラザ4F大研修場にて、13時より行われました。全道より詩人の皆さんが集う、年に一度の大きな催しです。
 
■最初に村田譲会長からのご挨拶。例年の「北の詩祭」が短い時間で何もかも盛りだくさん過ぎたという反省から、2回に分けられ、『北海道詩集』の合評会は本日は行わず、5月に行われるとのこと。あ、いいかも!と思いました。朗読、詩の言葉に溢れる会になりそう。すると『北海道詩集2018』は次回までにしっかり読み込めばいいわけです。やる気が涌きます。
*

■第一部、旭川より東延江さんの講演(最初に元NHK旭川支局長の那須さんからご挨拶がありました)。直筆の表紙に収められた資料『旭川時代の小熊秀雄-交友関係を中心に』。小熊秀雄旭川を一番よく知っている小池栄寿先生の日記を中心に。小池先生は冨田正一さんの恩師。伝説的詩誌『情緒』に掲載された「小熊秀雄の交友日記」から、詩人たちがいかに色んな場所で飲んだり食べたりして詩を盛んに詠みあったか、酒造や醸造屋さん、地域のお金持ちの方たちの応援もあったりと微笑ましく凄まじく。悪魔詩社時代の小熊秀雄と活動をともにした平岡敏男著「炎の時灰の時」のこと、鈴木政輝、下村保太郎、中家ひとみ、入江好之、松下文子、詩の聖地だった旭川のこと、熱き講演。2年前に初めて東さんの講演を拝聴した後、長年住んでいた旭川という街の見方が大きく変わったこと、ぜひ東さんが館長をされている文学資料館へ御越し戴きたいこと、皆様へ発言させて戴きました。
*

■第二部、菅原みえ子さんの司会にて、6人の詩人による小熊作品朗読。テンポよく若々しく優しき「蹄鉄屋の歌」小篠真琴さん、透き通る美しい声の波形に胸震えました「星の光りのように」鷲谷みどりさん、次に柴田が「しゃべり捲れ」を暗唱熱演?降りてきた、と褒め戴きましたが、どうだったか…。加藤茶津美さんの朗読で「親不孝なイソクツキ」小熊の童話の才能もすっと伝わる。他人の詩だから読めるけど自分では恥ずかしくて書けないという納得のコメント坂上審亮さんの「女の強さを愛してゐる」、番場早苗さんの「親と子の歌」(遺作)に胸打たれました。番場さんは岩波文庫の小熊詩集の、岩田宏さんの素晴らしい解説について語ってくださいました。
 今回、柴田は9月あたりから毎日「しゃべり捲れ」を念仏のように唱えて練習していたのですが、謎があります。「4人の女は優に一人の男をだまりこませる程に」の4人の女とは誰か? お母さんが3歳のときに亡くなっている。継母の方がいて、お姉さんがいて、奥さんがいました。小熊秀雄愛する人たちのたくさんの声が、小熊の詩に力を与えてくれていたらいいなぁと思いつつ、朗読させて戴きました。
*

■第三部は《詩人たちよ しゃべり捲れ》ということで、鈴木たかしさんの司会で、スピーチと朗読。
 見惚れてしまう青いドレス。熊谷ユリアさん「青い沼」、いつも一篇でもいいからあんな風に書きたいと密かに憧れております橋本征子さんの「光」、三村美代子さんの御作品(光は老女の白髪を束ねる)という詩句が印象的でした。サプライズゲストのような感じで(会員ですが)けーたろう氏による「おばけのまーる」朗読!、東峰和子さん(我々のとき、いまこの時にひらひらと…)、原子修先生の「女」(暗唱!迫力が違います。)、嘉藤師穂子さん「上海ブルー」(小樽詩話会か何かで読んだ記憶ございます。)、若宮明彦先生の「アナハイム」はコールサック最新号の扉詩、会場エルプラザの研修室が瞬に一して西海岸のリゾートへ、そして広大なスタジアムに変わりました。100年一気に飛び越えました。これが詩の力か…感服致しております。本日の素晴らしい書(北の詩祭)を書かれた石井眞弓さんの可憐な朗読、本庄さんのスピーチ、最後にやまだ乃理子さんの夢の中の出来事のような寓話的「いなか町のできごと」…まさに夢のようなひととき。村田譲会長と菅原みえ子さんの朗読が聴けなかった以外は完璧な時間を過ごさせて戴きました。誠にありがとうございました。
*

■最後に副会長 渡会やよひさんのご挨拶で閉会。懇親会は地下の「山わさび」にて。こちらの司会はやまだ乃理子さん、詩人たちがおやつについて語りました。憧れの皆様と同席したりハイタッチさせて戴きました。ありがとうございました。旭川なので一次会で帰らねばならず、会場から駅まで、東延江さん、三村美代子さんとご一緒できました。
 北海道の詩の世界はこんなに多彩であり、水準が高いのだということ、人生のある時点で詩を書いて生きると決意した方々にお会いできた奇跡の慶び。そして今回はあまり道東エリアの方は来られていないように感じましたが、詩の国北海道はまだまだ奥深いということを再認識し、しっかり勉強して伝えていきたいと感じました。東さんの今回のお話では、北海道詩人協会の出発点は旭川であったとのこと。小熊がいた旭川の詩の溢れる熱き時代が甦ったかのような、「詩人口」密度の著しく高い一地点の実現。忘れられない一日となりました。心よりお礼申し上げます。
*

■恩師・故高野斗志美先生の『小熊秀雄~青馬の大きな感覚』(花神社1982)をそっと鞄に忍ばせて、今回参加させて戴きました。旭川の詩精神です。

f:id:loureeds:20181114074257j:plain

f:id:loureeds:20181114074313j:plain

f:id:loureeds:20181114074323j:plain

f:id:loureeds:20181114074337j:plain

f:id:loureeds:20181114074346j:plain

f:id:loureeds:20181114074458j:plain

f:id:loureeds:20181114074531j:plain

f:id:loureeds:20181114074555j:plain

■11月9日(金)の北海道新聞旭川》にて、私たち旭川詩人クラブの記事が掲載されており、22日まで旭川文学資料館にて行われている詩画展について、ご案内を戴いております。
*

■今回の展示会の関連イベントとして、同会場にて11月6日(火)には旭川詩人クラブの集い。午前中は地下の交流室にて『詩めーる旭川第16集』の出版記念会。司会は荻野久子さん。全員が順番に自作詩朗読、作品への意見や感想などで盛り上がり…とくに高野みや子さんの「ふわり」について、議論されました。あいまいな記憶をたたんでひっくり返して、伸びきった小枝のように、一羽の鶴が折られる。一篇の詩のように。隅々しっかり折らなければ鶴は折れないのに、「ふわり」というタイトルが素敵。きっちりやった過去の仕事の思い出もふわり浮かぶのか。
*

■お弁当を戴き、午後からは詩画展会場へ。メインイベント「詩と遊ぼう」、まずは今回の展示作品について、実作者が語る。3分間のタイマー設置。作品の前で。時間があればそれぞれ朗読していました。
*

「 顔 」

主たる川から向こうの島へ
向こうの島から頭が浜についている所へ

お父さんの仕事の都合で
鉄道で
または車で

頭が浜についている所から
山奥に入っていく川へ

駅のホームに弟の友達が
大勢詰めかけたり
さっきまで夏だったのに
トンネルをくぐったら
突然、雪景色になったりして

合川から向う地へ
通路、喉または薬から
月日の出る…秋の…波立つ川へ

日産サニーかトヨタカムリで
助手席にちいちゃんはいて
後部座席にお母さんと弟がいて
遠くの道が濡れて見えた
「雨が降っているのかな?」
「違うよ、太陽の光が反射しているのだよ…」

そのとき、何かが語ってくれた
どんな言葉か憶えていないけれど
子どもにもわかりやすい不思議な言葉で
仕組みを語ってくれた
(世界が水と光でできていると思った)

次の町で雨が降ってきた
あの道の光は消えてしまった

その次の町で雨はやんだ
虹のアーチをちいちゃんとお父さんはくぐった

弟とお母さんもくぐった
そのときの
四人の
*

■自作について語る?のはかなり抵抗がありますが…
先輩方のご説明を興味深く拝聴し参考にさせて戴きつつ、
どう説明したらいいか考え、簡単な説明を行い…「顔」という作品について、
「ちいちゃん」という小さな女の子が、お父さんの仕事(警察官)の都合で転勤、引っ越しを繰り返しています。4人家族です。前半は地名をアイヌ語の意味で書いています。
*

主たる川=士別
向こうの島=奥尻
頭が浜についている所=江差
山奥に入っていく川へ=苫小牧
合川=興津
向う地=春採
通路、喉または薬=釧路
月日の出る…秋の…波立つ川=旭川
*

■昭和のちいちゃんの家は日産サニーやトヨタカムリで、車で移動します。アイヌの人たちは川を船で移動しました。
天気の良い日に車に乗っていると、遠くのアスファルトが光って濡れているように見えることがあります。
それは、雨で濡れているのではなく、太陽の光が反射している、と運転席のお父さんが語ってくれます。
「そのとき、何かが語ってくれた」
ちいちゃんの夢か幻想の中で、何か人智を超えたもの、遠い昔に亡くなった人でしょうか。時を超えて語ってくれます。
世界が水と光でできていると思えるような、不思議なお告げが訪れます。
アイヌの人たちが船で移動していたときの道路は川であり、
水であり、水は光っていました。
雨のやんだ町で、四人家族の乗った車が虹のアーチをくぐる。
運転席のお父さんと助手席のちいちゃん、後部座席のお母さんと弟もくぐります。
何気ない家族の平和な日常の同時体験、その思い出。幸せな一家団欒の表情、その時の顔は、現代の日本の家庭にも、アイヌの人たちの家族にも、当然あったのだろうということを書こうとした試みでした。
*

■会の最後は、即興詩を創って発表するコーナーでした。
季節柄、「みぞれ」「霙」、または「野菊」を題材に…
柴田は、このように纏めさせて戴きました。何卒御笑覧賜りましたら幸いです。
*

(みぞれ) 

自然の(みぞれ)は晴れたら乾く
人のつくった(みぞれ)はいつまでも執念深く
春でも夏でも凍ってゆく
国と国の間を寒さで覆うのも
人のつくった(みぞれ)である
そうかと思えば何かの拍子に
一瞬にして蒸発してしまう…こともある
人のつくった(みぞれ)はこうして
跡形もなく忘れられていく
おめでとう!
忘れるって偉大だ
*

■すみません、、30分制限、10行程度と定められた即興詩、この程度でした(笑)。
会員以外にも御参席された方々を含め21名が作品提出。コピーの詩集を配布後に、おいしいお茶とお菓子を戴きながら、作品朗読。フラジャイルから山内さん、冬木さんも参加。フラジャイル同人で旭川詩人クラブの佐々木さん、荻野さん、木暮さんも。富田さんをはじめ東さんたちの熟練の詩技も披露され、大変、勉強になりました。一年に一度の行事、忘れがたい一日となりました。心よりお礼申し上げます。
*

2018-11-12.

f:id:loureeds:20181113074609j:plain

f:id:loureeds:20181113074622j:plain

f:id:loureeds:20181113074643j:plain

f:id:loureeds:20181113074633j:plain

f:id:loureeds:20181113074700j:plain

f:id:loureeds:20181113074711j:plain

f:id:loureeds:20181113074719j:plain

f:id:loureeds:20181113074743j:plain

f:id:loureeds:20181113074752j:plain

f:id:loureeds:20181113074759j:plain

f:id:loureeds:20181113074807j:plain

f:id:loureeds:20181113074817j:plain

北海道立文学館にて、11月4日(土)、
詩の朗読会「一穂への遙かなる最弱音(ピアニッシモ)」
無事、大盛会にて、終了致しました。
ありがとうございましたm(._.)m
参加された詩人の皆さんの、一穂作品、自作詩朗読、一人ひとりの解釈、最後は声を合わせて、「白鳥」の朗読、素晴らしい会でした。心より御礼申し上げますm(._.)m

■11月4日(土)、北海道立文学館 講堂にて、
 詩の朗読会「一穂への遥かなる最弱音(ピアニッシモ)」が行われます。
 これは、現在開催されております特別展『極の誘ひ 詩人吉田一穂展 ―あゝ麗はしい距離(デスタンス)、 』関連イベントになります。
*

旭川『フラジャイル』より、木暮純と柴田が参加致します。木暮さんは「薔薇」、柴田は「都市素描」を、現代の都市の音楽(Squarepusher - 'Dark Steering' taken from 'Ufabulum')を使って表現させて戴きたく、準備致しております。他、何曲かピアノ弾きます。
*

■髙橋純先生が「母」(フランス語訳)を朗読されるとき、
この動画を上演します。お楽しみに☆

youtu.be


「一穂への遙かなる最弱音(ピアニッシモ)」 20181104 作曲:柴田望 
 (※髙橋先生が翻訳。先生が選択された字幕フォント、かっこいいです!)
*

■詩の朗読会「一穂への遥かなる最弱音(ピアニッシモ)」 
道内の詩人たちがお気に入りの一穂の詩とその詩にちなんだ自作の詩を朗読する・・・是非詩人たちの肉声をお聞きください

日 時:11月4日(日)13:30~15:30
会 場:北海道立文学館 講堂
協 力:北海道詩人協会

要申込:10月19日(金)9:00より電話にて受付
    定員60名、先着順、聴講無料
    皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

朗読者…大島龍「前夜」、加藤多一「母」、木暮純「薔薇」、木田澄子「トラピスト修道院」、櫻井良子「暦」、佐藤裕子「岩の上」、柴田望「都市素描」、菅原みえ子「ひばりはそらに」、瀬戸正昭「たましづめのうた」、高橋純「母」(フランス語訳)、嵩文彦「空中楼閣」、長屋のり子「海の思想」、本庄英雄「火の記号」、村田譲「VENDANGE」、渡辺宗子「道産子」、渡会やよひ「少年」

www.h-bungaku.or.jp

f:id:loureeds:20181102074539j:plain

f:id:loureeds:20181102074554j:plain

f:id:loureeds:20181102074604j:plain

10月31日の北海道新聞にて・・・

昨日、10月31日の北海道新聞にて、

旭川版《人》に『フラジャイル』同人、木暮純こと沓澤章俊さん(旭川文学資料館学芸員)のことが大きく紹介されております。
 「旭川が文学のマチだと多くの人に伝えたい」
*

・第52回 北海道新聞文学賞
 詩部門は麻生直子さんが正賞、水出みどりさんが佳作、おめでとうございます!
 『フラジャイル』同人の小篠真琴くんの詩集『生まれた子猫を飼いならす』が最終選考に残りました!
 工藤正廣先生より「ツイッター詩が元らしい。自動筆記的とさえ見える語詞結合が新鮮でユニーク。読者サーヴィスの対話体も好ましい」との評。
 私たちが尊敬する『青芽』同人の先輩詩人、本田初美さんの詩集『芭露小景』も評価されていて、嬉しい限りです。
*

旭川の文学者、石川郁夫先生の評論『佐藤喜一 -記録への傾斜・内的表白の封印』が佳作受賞されました。
 石川先生は旭川小熊秀雄賞の市民実行運営委員。沓澤さん、冬木さんも参加されている『PETANU』の編集人。かつては高野斗志美先生と愚神群の活動をともにしておられました。
 「真面目にこつこつと書く作家はどの地域にもいる。
そうした人々の足跡を残したかった。受賞を励みに、
これからもささやかな活動を続けていきたい
 石川先生、おめでとうございます!!

f:id:loureeds:20181101215425j:plain

f:id:loureeds:20181101215437j:plain

f:id:loureeds:20181101215449j:plain

f:id:loureeds:20181101215458j:plain

f:id:loureeds:20181101215514j:plain

f:id:loureeds:20181101215523j:plain

 

■10月30日(火曜日)の北海道新聞旭川・地域の話題》にて・・・

「地域文化守る意欲を」
~細る支援 運営に頭悩ます文化・芸術団体~

素晴らしい記事。市長選挙告示直前に、重要な提言がされています。
*

市民憲章で「文化を育て、豊かな郷土をつくりましょう」とうたう旭川市では、作家個人の名を冠した多くの賞や施設が歴史を刻んできた。しかし、市からの支援も細り、運営に頭を悩ませるところも少なくない。11月の旭川市長選では「地域で生まれ、育まれてきた文化を守る意欲も語ってほしい」と関係者は声を上げる。(川上舞)
*

前日、確認のお電話を戴き、「東鷹栖安部公房の会」について、近文第一小学校にある記念碑について、東鷹栖の市民や企業の寄付により建立されたこと、取り組みについて等、お話させて戴きました。
・「市には頼らず、地域で建てようと考えた」
・会員らが奔走し、費用は市民や企業からの寄付などで賄った
・小学校での読み聞かせや講演会などに取り組んでいる
*

あのときの、森田会長をはじめ、東鷹栖の皆さんの情熱・・・
結実した、記念碑除幕式の模様を、動画をアップ致しております。

https://youtu.be/FPwiE5CB5tA
安部公房記念碑除幕式 H26.10.17
*

f:id:loureeds:20181031074950j:plain